投稿者のアーカイブ

【YouTube】スマホを使って簡単に極性(正相 or 逆相)を合わせる方法を紹介!【カーオーディオ 調整編】

2021年6月16日 水曜日

Mobile Tools by AudioControl (iOSアプリ)

iOSデバイスの内蔵マイクを使用して、スピーカーの位相(ポラリティ―)、周波数特性、SPL(音圧)を測定できます。

※RTA、FFT、SPLの一部拡張機能は有償となっています。

◇アプリのダウンロードは下記のバナーをクリック

 

   

 

◇テスト信号は下記のアイコンをクリック(Zipファイル・パソコン推奨)

 

サウンドプライズリンク

2021年6月15日 火曜日

ライトシステムからカスタムまで高い精度でインストール

国道24号と国道163号が交わる大谷交差点近くに店舗を構えているのが『サウンドプライズリンク』です。お客さん同士が和気あいあいとつながりを持てる場所でありたいという思いを店名に込め、茶山さんが2001年にオープンしたカーオーディオ専門店で、京奈和自動車道・木津ICからは2km足らずとアクセスしやすい立地にあります。

「カーオーディオには前方定位とかステージングといった基本的な考え方がありますが、これから組もうという方にいきなりこういった専門的な話は押し付けないようにしています。お客様の好きな音というのはそれぞれなので、しっかり話をうかがいながらその方の好みを尊重したプランを考えていきます」

やはりフロントスピーカー交換から始めるユーザーが多いようで、2ウェイスピーカー+ワンオフのインナーバッフル+レアルシルトによる簡易的なデッドニングと工賃まで含めて6万6000円という入門的なプランも設定されており、”ちょっとやってみようかな”というライトなユーザーでもスムーズに入ることができます。

「もう1ランク上を求めるならロックフォードのT1675-Sがオススメです。ユニットの能力もさることながら付属のパッシブネットワークがバイアンプ対応となっているので、タイムアライメントを搭載しているナビならその機能を生かすこともでき調整の幅が広がってきます」

調整の重要性はビギナーにはピンとこないところかもしれませんが、同店では導入するかどうかにかかわらず、DSPで調整すると音がどのように変化するのかをデモカーやデモボードを通じて一度体験してもらっているそうです。言葉で説明されるよりも実際の音で聴いたほうがDSPの効果も体感でき、カーオーディオをより理解しやすくなっていくはずです。

ライトユーザーを幅広く受け入れる一方、同店はカスタムインストールも得意にしており、レーザー加工機を駆使した精度の高い作り込みによってショークオリティーのオーディオカーをこれまでにも多数製作しています。

「大がかりなカスタムとまではいかなくても、ツイーターを埋め込むついでにAピラーを作り込む方は結構いらっしゃいます。ちょっとした個性の演出には最適なカスタムといえます。またオーディオに限らず内外装トータルでプロデュースすることができますし、カーフィルムの施工のみのオーダーでも承りますので、気軽にご相談ください」

T☆SELECTION

2021年6月14日 月曜日

ユーザーの夢を実現するトータルカスタムショップ

ドレスアップからオーディオまでトータルに手がける『T★SELECTION』は、2000年に創業した宮城県を代表するカスタムショップです。2009年からはJR東北本線・大河原駅から1kmほどの県道50号・大河原商業高校前交差点近くで、中古車展示スペースを備えた広々とした店舗で営業しています。

現在代表を務めているのは間野目さんで、クルマ好きのユーザーたちのお役に立てればと、5名のスタッフとともに車両販売や整備といったカスタム以外のオーダーまで幅広く応えています。

「板金や塗装に至るまでほぼすべての施工を自社で行える体制を整えています。またトラック用のピットも備えており、クルマに関することはどんなことでも対応できると思います」

とはいえもっとも得意にしているのはやはりカスタムです。オリジナルパーツ開発のほか、これまでにも数々のショーカーを製作し豊富なノウハウを蓄積しています。

「製作にあたっては走行中の姿までイメージしながらトータルバランスに神経を行き渡らせながら仕上げていきます。お客様の要望に沿いながらプラスαのアドバイスも行い、よりよいものを作っていきたいと考えています。ただし夢が膨らんで行き過ぎてしまうことがないよう、予算内でできることを見極めながら無理なく進めていける提案を心がけています」

オーディオにおいても手の込んだ外向き車両を数多く製作していますが、ライトなものからカスタムまでユーザーが求める楽しみ方は様々です。

「自分が車内で楽しく過ごすためのオーディオであれば手軽に組むことができますし、人に聴かせる楽しみ方もあれば、トランク内にカッコよく組めば見せる楽しみも加わります。作り込んでも作り込まなくても様々な楽しみ方ができるのがオーディオの魅力です」

ユーザーが頭に思い描いたものを形にできるのがカスタムショップです。実現できないと先に諦めてしまわずに、試しに相談してみれば想像以上の一台が出来上がるかもしれないのです。

「すべてお店にお任せされるよりも、お客様からどんなことでもかまわないのでああしたい、こうしたいという夢を語っていただいたほうがこちらもやり甲斐が増します。どのように工夫すれば実現できるのか、一緒に考えながら作り上げていきたいですね」

【YouTube】ロシア製のRCAケーブル(Tchernov Cable)を比較試聴!【カーオーディオ 比較編】

2021年6月9日 水曜日

動画内で取り扱うケーブル

◇STANDARD 1 インターコネクトケーブル

STANDARD 1 インターコネクトケーブルは、同価格帯のケーブルの中で最上のアナログ音声信号伝送を提供し、コストパフォーマンスを重視するカーオーディオのインストールやホームオーディオ、ホームシアターのインストールにも幅広く適応します。マルチワイヤーBRC銅導体を3層構造のCAF PE絶縁体で包み、密度90%以上BRC銅ワイヤー網線でシールドして同軸構造を形成し、そのシールドを静電対策を施したポリエチレン(SPE)ジャケットで個別に被覆した上に中央から2つに分割可能な構造に成型された柔軟なSPVCでカバーしています。RCAケーブルはひとつひとつ丁寧に特製のTCHERNOV AUDIO SFS/AGでハンダ付けされた高品質なSTANDARD-RCAプラグが使用され、機器との確実な接続を保証します。また、優れた柔軟性と低い磨耗係数のケーブルカバーが引き回しの作業性を改善します。高い品質とリーズナブルな価格設定による優れたコストパフォーマンスが、良好な作業性と共にカーオーディオ、ホームオーディオのジャンルを問わずその適用範囲を大きく拡げます。

◇SPECIAL COAXIALインターコネクトケーブル

SPECIAL COAXIALインターコネクトケーブルは、TCHERNOV CABLEの開発グループが独自に開発したノイズや振動の多い環境に対応した振動抑制構造を有するRCAオーディオケーブルです。マルチストランドBRC導体 を3層構造のCAFPE®絶縁体で包み、密度90%以上のBRC編組でシールドして同軸構造を形成。その上を振動負荷やノイズを吸収する高弾性の熱可塑性ポリウレタン(TPU)Elastollan®を使用した構造になっています。

さらにひとつひとつ丁寧に特別製のSFS/AGでハンダ付けされた上級クラス品質のSPECIAL V2 RCAプラグを採用しています。

 

チェルノフケーブル製品ラインナップについてはこちら 

トリニティ

2021年6月7日 月曜日

ハイエースカスタムのあらゆるオーダーに応える

千葉東金道路・千葉東ICからおよそ2km足らず、国道126号沿いにある『トリニティ』はハイエースのカスタムで広く知られているショップです。代表の荒川さんは建築関係の仕事からこの世界に転身し、2006年に同店を起ち上げました。

「クルマは元々好きだったのですが右も左もまったくわからず始めたので、ゼロというよりむしろマイナスからのスタートだったかもしれません。オープン当初はアメ車の販売を行っていましたが、手の空いている時に店のハイエースをいじっていたのをきっかけにハイエースカスタムのオーダーが増えていくようになったんです。

とりわけ同店が得意としているのが足回りの加工で、ハイドロ(油圧)サスの施工実績はとにかく豊富です。

「エアサスに比べるとハイドロのほうがトラブルが圧倒的に少なく、安心して乗ることができると思います。ドレスアップ目的で車高を落とすだけでなく、乗り心地の改善を求めて組まれるお客様もいらっしゃいます。ベース車の仕様やコンディションに合わせて無駄のないプランを提案し、公認車検に対応した施工を行いますので、お気軽にご相談ください。」

足回りだけでなく、チタンやアルミといった特殊金属の加工まであらゆるカスタムのオーダーに応えられる体制を整えているのが同店の強みです。そうなるとオーディオもカスタムには欠かせない要素のひとつです。

「オーディオショップというわけではないのでオーディオだけを目当てに来られるケースは少ないですが、あちこちいじっていくなかでオーディオのオーダーも当然出てきます。そこで当店ではハイエース用にAピラーとドアのアウターバッフル、そして2ウェイスピーカーまでセットになったオリジナルのバッフルキットを用意しています。ロックフォード、JLオーディオ、グラウンドゼロに対応していますが、それぞれ上質なユニットを設定しているので、純正システムから一気に音質アップが見込めます。」

こうした様々な施工はクオリティー最優先主義を貫いています。溶接や配線を綺麗に仕上げることは安全性にもつながるし、万一のトラブル時にもスムーズに対処しやすくなるのです。ハイエース乗りにとっては心強い限りのお店ですが、決してハイエース以外の車種お断りというわけではありません。純正の足回りに不満を感じているオーナーは一度足を運んでみれば、大きな発見に出会えるはずです。

DREAMIN’

2021年6月3日 木曜日

本場のUSサウンドを身近に体感できるプロショップ

米軍基地で知られる青森県三沢市で2011年より営業しているオーディオ専門店が『DREAMIN’』です。店舗は第二みちのく有料道路・六戸JCTから3kmあまりの県道10号(三沢十和田線)沿いにあり、三沢基地もすぐ近くの立地です。代表の舘野さんもこのお店を起ち上げる前は基地内で働いており、アメリカのカーオーディオ事情に大いに刺激を受けながらDIYでオーディオを組みイベントに参戦していたそうです。

「当店に訪れるお客様の4割くらいは外国人の方々です。そうなるとオーディオを始めるのもサブウーファーからだったりと低音のニーズは非常に高いですね。重低音がバーンと鳴ると理屈抜きに気持ちよくなれるものです。例えばロックフォードのP1シリーズ、グラウンドゼロのGZIWシリーズといったエントリーモデルでも、バスレフボックスに組んでローエンドまでしっかり伸ばすことで満足度の高い低音が楽しめると思います」

お店にはエントリーシステムを組んだデモカーも用意されているので、オーディオを初めて組む人でも出来がりの音をイメージしながら低音強化を図るか、はたまた定石のフロントスピーカー交換から始めていくのか考えていくといいでしょう。

「初心者の方でも何を求めているのかしっかりヒアリングしたうえでスタートアッププランを考えていくのでご安心ください。とにかく音楽を気持ちよく楽しんでいただきたいと考えているので、難しいことを考える必要はありません」

というのも舘野さんは単なるオーディオ好きというだけでなく、ボーカル以外はギター、ベース、ドラム、キーボードとひと通りの楽器が演奏でき、現在でもバンド活動を続けている生粋のロック好き。なかでももっとも強い影響を受けたのがBOØWYで、それを聞けばファンなら店名の由来にもピンとくるはずです。

「メインで聴くのがロックならそれに合わせたセッティングが行えます。それだけでなく”BOØWYスペシャル””RCサクセションスペシャル”といったようにひとつのバンドに特化したセッティングも可能です」

このように音楽を純粋に楽しんでいるショップなので、専門店だからといって身構える必要はありません。一軒家風の店舗を持つ「DREAMIN’」は見た目通りにアットホームで、時には仲間を集めてBBQパーティーを開催したりなど誰でも遊びに行きやすいお店なのです。

【YouTube】ヤリスクロス 音質を良くする4つのステップアップ方法!【 カーオーディオ 実車編 】

2021年6月2日 水曜日

ヤリスクロス オーディオアップグレードINDEX ※サムネをクリックすると関連記事がご覧いただけます。

アダージョ

2021年6月1日 火曜日

悩めるユーザーを救うメーカー直営の実験工房

中国縦貫自動車道・西宮北ICから2~3分ほどの国道176号沿いで営業しているのが『アダージョ』です。カーオーディオ専門店であることは確かなのですが少し変わった性格のショップで、母体となっているのはハイファイブランド、キュリノを筆頭に様々なオーディオパーツをリリースする『オスカーインターナショナル』。同社の代表を務める高橋さんがアダージョの代表も兼務しています。

「メーカーとして商品を開発しても、その取り付け方や用法はプロショップ任せなところがあります。それを自分たちで行い、得られた技術をフィードバックさせていく目的で2011年にこのお店をスタートしました。またキュリノのデモカーがいつでも試聴できるアンテナショップとしての役割も持たせています」

いわばメーカーの実験工房的な位置づけとなるのですが、決してコアなオーディオマニア向けのショップではありません。メインターゲットとしているのはこれからオーディオを始めようというエンドユーザーです。

「お客様のニーズに合わせ、予算内でフルにできることを提案します。それはユニット選びという単純なものではありません。オーディオは1つのパターンで取り付けても、すべての人の好みに合うものではありません。また同じアンプ、同じスピーカーでも取り付け方ひとつで音色を変えることもできるのです」

つまり音作りの中核にあるのは技術です。そのため使用するユニット、パーツはオスカーの製品に固執していません。

「音質ありきで、そのために必要なパーツを選定していくので様々なブランドを扱っています。時には純正スピーカーにアレンジを加えて音質をアップしたりと、社外ユニットを使わないことすらあります」

同店の実験的な取り組みはそれだけにとどまらず、カーオーディオライフのさらにその先にまで及びます。

「クルマを降りてホームオーディオに移行する際には、カーのユニットをホーム用に転用することもできます。とはいえできれば1日でも長くクルマに乗ってほしい。そこで健康を維持するために提唱しているのが”筋肉貯金”です。店内にはIPF公認のベンチプレスを設置しており、お客様は自由にトレーニングすることができます」

このようにユニークな展開を行いながら、悩めるユーザーたちをサポートする地域密着型のショップです。オーディオの道に迷ってしまった時、アダージョは心強い味方となってくれることでしょう。

STREET MONKEY(ストリートモンキー)

2021年6月1日 火曜日

誰もが振り向くようなハイセンスな一台を

東北自動車道・古川ICからクルマで約5分ほどの国道4号沿いにあるのが『STREET MONKEY』です。代表の高橋さんがチューニング系ショップの店長を経て1996年に始めたプロショップで、デザインセンスあふれるオーディオインストールのみならず、内外装をクールに仕上げたカスタムカーを続々と輩出しています。

「当時流行っていたSPLなどストリート系のオーディオもやっていたこともあり、オーディオもカスタムの一要素と捉え、走りまで含めたトータルにカッコいいクルマ作りを目指しています。最新のモードを常にキャッチしながら、誰もが振り向くような一台を作っていきたいですね」

カスタムオーディオであれば純正ラインに合わせた奥行きのあるデザインワークであったり、パワーアンプ回りにエアサスのパイピングを巧みに融合させるなど、手数に頼らず引くところは引いたハイセンスさが身上です。各パネルの細かいチリ合わせまで手を抜かないことで、一見シンプルでも感性に訴えかけるような一台に仕上がるのです。

もちろんカスタムはせずにサウンドのみのユーザーに対しても、その人にとってもっとも無駄のないシステムを提案することで、音楽を気持ちよく楽しめる環境作りをお手伝いしてくれます。

「先々のビジョンを描いている方にはそれを踏まえたシステムを提案しますし、ライトに楽しみたい方には無理なく組める手軽なシステムから考えていきます。エントリーシステムを組んだ代車やデモボードもありますし、好みに合いそうなブランドをこちらからいくつかピックアップしてサポートしていきますので、試聴も交えながら気に入ったものを自由にお選びください」

サウンド面においてもビギナーでもわかりやすく気持ちよさが感じられるような音を届けてくれます。

「もちろんひとりひとりの好みに合わせたセッティングを行いますが、基本的には低音の気持ちよさとかメリハリの利いた元気のいいサウンドを提供したいと思っています」

理屈抜きに楽しめるオーディオと容姿端麗なフォルムに魅せられて同店を訪れるユーザーは、20代の若い層も多いとのこと。このお店を通じて仲間となりいつも和気あいあいとしているショップですが、初めてのお客さんが来店すればその場をスッと譲ってくれる自然な気遣いもあり、ひとりでも訪れやすいショップといえます。

ヤリスクロス 専用フロントドアSEION(整音)KIT発売!

2021年5月26日 水曜日

ドアの響きを整えて音質を向上させる、プロ仕様の“SEION(整音)KIT”

 

ES-S/D-YARIS CROSS(加盟店専売品)     工賃込み価格(※) ¥27,500

●仕様:ヤリスクロス専用ドア整音キット●セット内容:制振材(大):6枚、制振材(中):4枚、制振材(小):16枚、遮音材:6枚、吸電材(RAM-25):16枚●取付説明書同梱※工賃込み価格(※BIF 込み価格)にて表記。※車内空間の魔術師加盟店専売品

【主な特徴】

・車種別専用設計

・初めてデッドニングする方向け

・ドアの響きを整えて音質向上

・施工場所や枚数を厳選 

・制振材・遮音材・吸電材の3種類をパッケージ

・初期導入コストを抑えた 

・プロ仕様の整音キット
 

※SEION(整音)KITを詳細が記されたフライヤー(チラシ)はこちら

 
【関連動画】

BIFBasic Install Fee)とは

純正状態からの基本取付工賃になります。すでに制振材等が装着されている場合や、貼り替え作業が必要となる場合等は除きます。また、サウンドチューニング費用及びSEION(整音)KIT以外の防音・防振・吸音材施工費用等は含まれていません。

■整音キットの購入・施工はこちら

 

■ヤリスクロス オーディオアップグレードはこちら

 

 
 
 
 
 

↑PageTop