MST(モービル サウンド テクノロジ-)

  • EMMA ジャッジ資格
  • 魔術師加盟店
  • 3SIXTY
  • Perfectpackage認定店

・定休日:水曜日、イベント日
・営業時間:11:00-20:00

・2019.05 MSTオートトレーディングからショップ名称変更

スーパーハイエンドカーオーディオシステムからエントリーシステムまで、多彩なカーオーディオをご提案いたします。
CNCルーター、レーザー加工機、など最先端の設備でカーオーディオをインストールいたします。
DSPによるサウンドチューニングも得意としており、サウンドコンテスト、メーカー試作など幅広く活躍しております。

技術のアップデートを欠かさず最新シーンに対応する

圏央道・日の出IC料金所のすぐ裏手に広々したファクトリーを構える『モービル・サウンド・テクノロジー(MST)』は2011年のオープンになります。当初は車両販売を中心としていましたが代表の小川さんは元々カーオーディオショップの勤務歴があり、2014年に現在の場所に移った時期と前後してカーオーディオも本格的に手がけるようになったのです。

同店ではプロの目で厳選したユニットを勧めるのはもちろんですが、単にパッケージされたセットを組むだけでなく、ライフスタイルや嗜好に合わせてその人だけのシステムコーディネートをしてくれるのが特徴です。

「例えばドアのミッドは安価なトレードインスピーカーにする代わりにツイーターは上級モデルを使ってみるとか、お客様の要望を的確につかんで型にとらわれない様々な組み合わせが提案できます。」

新規ユーザーに対しては最初からあれもこれもと欲張らず、少しずつシステムアップしながら音の変化を長期的に楽しんでもらうことを意識しているそうです。一般的に最初はフロントスピーカー交換が鉄板ですが、MSTではアンプ内蔵DSPから始めるのもオススメの作戦です。

「スピーカー交換ならグラウンドゼロのGZUCシリーズが人気です。低音がしっかり出てツイーターも大きめなので全体的にしっかり鳴ってくれます。またミッドレンジが単体でラインアップしているので、3ウェイにも手軽に移行できます。あるいは純正スピーカーのままアンプ内蔵DSPを組んでも調整によって音はみちがるし、必要なケーブルが減ることででコストが抑えられます。ビギナーさんならコスパに優れたミューディメンションのDSP-680AMPが最適ですが、ワンランク上を目指すならJLオーディオのアンプ内蔵DSPだとコンパクトなうえに高レベルな音質が狙えます。」

最新のモードに対応していくためMSTは知識と技術のアップデートを常に欠かしません。デジタル系においてもストリーミングなど周囲を取り巻くシーンにまで目を光らせ、果てはUSBケーブルを試作するなど最新技術の可能性を探求する姿勢はまさに店名に象徴されていると言えるでしょう。

同店ではベース車の購入から足回り加工までワンストップで行えるため効率よくカスタムが進められます。ホイール交換の際には装着イメージをCGで起こしたり、完成形まで一貫性のあるストーリーを共有しながら仕上げていくことができるのです。

[2020.2取材]

※ GoogleMapでの地図表示は、誤差が生じる場合がありますので住所表記で確認してください

 

 
 
 
 
 

↑PageTop