スピーカー交換で楽しいドライブを① コアキシャルスピーカーお勧めのエントリーモデル4機種をご紹介

June 21, 2022

スピーカー交換で楽しいドライブを①

車の中で音楽を聴くデバイスの主流はかつてはカセットテープ、CDを経て、現在はスマートフォンもしくはデジタルオーディオプレーヤーへ、音楽をデバイスに取り込む手段もCDレンタルから定額制配信「サブスク」へと移行し、そして配信される音楽データのさらなる高解像度化(ハイレゾ音源)が進んでおり、身の回りの音楽を聴く環境は劇的に進化を遂げています。

その高い解像度の音源を、車内でいい音で聴く第一歩として、スピーカー交換をお勧めいたします。

①ではお勧めのコアキシャルスピーカーを4機種をご紹介いたします。

純正スピーカーと社外スピーカーを比較

自動車に標準で装着されている純正スピーカーと、アフターマーケット市場で販売されているスピーカー(社外スピーカー)を比較してみました。

スピーカーバスケット、マグネット、振動版の違いをご確認ください。構成されているパーツの違いが音の違いを生み出しています。

【純正スピーカーの場合】
樹脂製フレームで1枚の振動版で全帯域を担い、マグネットも非常に小さく、耐入力が弱いため音量を上げると音割れや歪が生じます。

【社外スピーカーの場合】
高剛性のスチールバスケット、紫外線や耐湿性に強いコーン紙の他、同軸上に中高域を担うツイーターを設置。背面に大型かつ強力なマグネットを備え大きな入力に耐えうる設計になっています。

 

※スピーカー交換について詳しく書かれた記事はこちらのINDEXの第1章をご覧ください。

コアキシャルスピーカーお勧めのエントリーモデル4機種をご紹介

今回は海外ブランドで生産されているコアキシャルスピーカーのエントリーモデル4機種をご紹介いたします。
コアキシャルスピーカーはウーファーの同軸上にツイーターを備えることで音源をまとめやすいのが特徴です。セパレートスピーカーに比べて取付しやすいメリットがあり、フロントスピーカーのほか、リアスピーカーとしての使用にも最適です。

①Rockford Fosgate(アメリカ) : R165X3  ¥19,800  税抜価格:¥18,000

仕様:16.5cmコアキシャル3Wayスピーカー

カーオーディオ入門者向けとして、手軽に”Rockford Sound”を楽しんでもらうことを目的に開発されたPRIMEシリーズ。上級シリーズのテクノロジーを取り入れ、且つコストパフォーマンスに優れたモデルです。 ウーファーは、多くのクルマに取り付け可能なマルチフィットタイプ高剛性スチールバスケットを採用。振動板には耐久性の高いPP( ポリプロピレン)コーンを採用しており、帯域バランスに優れた音調を実現しています。 ツィーターは、強力なネオジウムマグネットを搭載した13mmサイズのシルクドームツィーターにピエゾ型のスーパーツィーターを搭載したツインツィーター構成により、すっきり伸びる高域再生を実現します。

※画像クリックで製品ページへ移動できます。

②GROUND ZERO(ドイツ) : GZIF6501FX ¥19,800  税抜価格:¥18,000

仕様:16.5cmコアキシャル2Wayスピーカー

ドイツ生まれの本格ブランド「グラウンドゼロ」は、オーバークオリティともいえる丁寧な作り込みや厳選された音響用パーツの採用、さらには強靭なパワーをがっちり受け止めるタフネスさが魅力です。GZIF6501FXは、ミッドウーファー振動板にはコーテッドペーパーコーン、ツィーター部にはマイラードームを搭載しており力強く鳴りの良いパフォーマンスが人気です。

※画像クリックで製品ページへ移動できます。

 

③VIBE AUDIO(イギリス) : SLICK6-V7 ¥19,800  税抜価格:¥18,000

仕様:16.5cmコアキシャル2Wayスピーカー

イギリスVIBE AUDIOのSLICK6-V7は、ワイドレンジ再生を可能にする50mm径のPEI(ポリエーテルイミド)ツィーターを搭載しており、94dBという高い能率を実現しています。16.5cmウーファーのフレームは高剛性スチール製で、振動板には軽量ペーパーコーンを採用。ナビゲーションやCDデッキなどの内蔵アンプでも十分な音量を出すことができ、パワフルで明るいサウンドが魅力のコアキシャルスピーカーです。近年鳴りの良さで多くのファンを獲得しつつあります。

※画像クリックで製品ページへ移動できます。

④MTX AUDIO(アメリカ) : TERMINATOR6  ¥16,500  税抜価格:¥15,000

仕様:16.5cmコアキシャル2Wayスピーカー

赤いウーファーコーンが特徴のTERMINATOR(ターミネーター)シリーズは純正スピーカーからのアップグレードによりさらなるリスニングレスポンスをもたらすよう想定して開発されたアメリカ MTX AUDIO社のエントリーモデルです。ウーファー部にはスチールバスケット、軽量かつ剛性に優れたポリプロピレンコーン&ラバーサラウンド、ツイーターにはシルクドームを使用。中心に備えたツイーターをウーファーコーンと同じ高さに配置させ、音質向上を図るPoint Source Technology を採用しています。元気に快活なアメリカンサウンドに定評のあるユニットです。

※画像クリックで製品ページへ移動できます。

 

◆ 取付工賃が別途かかります。車種及び車両の状態によりインナーバッフルの作製、車両側の配線加工が必要になる場合があります。

◆上記製品が購入可能なカーオーディオショップはこちら

 

 

 

◆セパレートスピーカー編はこちら

 

 
 
 
 
 

↑PageTop