【YouTube】人気のアンプ内蔵DSP「DSP-680AMP」 5つの特徴!

September 16, 2020

YouTubeのCar-Audio-Netチャンネルにて

カーオーディオのアンプ内蔵DSP お薦めする5つの特徴を解説!【DSP-680AMP編】を公開しています。

話題のアンプ内蔵デジタルサウンドプロセッサー、DSP-680AMPの5つの特徴を解説しています。 

【注意】

※アンプ内蔵DSPを最大限に活用するためにはカーオーディオとパソコンの専門知識が必要です。
   曖昧な知識のままで作業を行いますと製品本体、各ユニットの破損につながりますので十分注意
  の上、作業を行ってくださいますようお願いいたします。

 

サウンドアップグレードに最適!6chクラスD級アンプ内蔵8chDSP DSP-680AMP

 

 

DSP-680AMP 本体価格¥77,000(税別)
●仕様:6chアンプ内蔵8chプロセッサー●入力:ハイレベル6ch、AUX(RCA)2ch、S/PDIF(TOSLINK)×1、Bluetooth×1(ドングル接続用USB端子)、miniUSB×1(設定PC接続用)●RCA出力:2ch(PreOut)●定格出力:55W×6(4Ω)70W×6(2Ω)150W×3(4Ωブリッジ)●周波数特性:15Hz~22kHz(-3dB)●S/N比:95dB●入力感度:1.5V~4.5V(LOW)3.5V~11V(HIGH)●実装ヒューズ:30Ax1●サイズ(幅×奥行×高さ):200x150x44mm●Bluetooth ドングル(レシーバー)付属、日本語取扱説明書同梱※リモートコントローラー(別売・DSP-680AMP REMOTE)

DSP-680AMP REMOTE (別売) 本体価格¥15,000(税別)

■4つの入力に対応

・ハイレベル入力
・Bluetooth(アダプター付属)
・OPTICAL入力装備
 OPTICAL出力対応のデジタルオーディオプレーヤーをダイレクト接続可能
 (最大96kHz/24bitまでのフォーマットに対応)
・AUX(RCA端子2ch)

■システムアップに対応

・7-8chは最大4Vのプリアウト出力
 別途パワーアンプ、パワードサブウーファーを接続してアンプの負担を減らしつつ低音増強を実現

>>>お近くのショップ検索はコチラ

◆ブランド情報

 

 
 
 
 
 

↑PageTop